サグラダ・ファミリアをめぐってチック

呼び名の進路です。
スペインにおける、依然完成していないサグラダ・ファミリアをめぐって系統のです。

サグラダ・ファミリアはスペインにあり世界遺産にも登録されていらっしゃる。
アントニ・ガウディという建築住まいの小物ですが、男子は遠い昔の方。
1882年(だったかな?)に工事が着工しましたが、未だ完成していないマンションなのです。
今では9代目の建築第一人者が工事を担当していて、やがて(2026年)に履行日にちだとか…

未完の世界遺産と言うだけもチャーミング音響なのに、それが私の生きている間には完成するなんておっしゃるといった!!
とっくに熱気でなりません。
あまり完成する随時世界中で一報され大きな大きな話題になるのでしょう。
そのときが待ち遠しくてなりません!
そんなに楽しみで建築途中の状況を動画裏付けで調べたりしているのですが、まさしくおとぎ話一団ですよね。
近代チック装置が並ぶ町並みの中に、どかんという大きな大きなサグラダ・ファミリアが存在しているのですから…
その雄大さといった実例の目方にきちんと惚れ惚れしてしまいます。

短く2026時代にならないかなぁ~
断然楽しみです。
それまでにスペインまでの旅費を貯めておかなくてはなりませんね!プエラリア